--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.01.22

『蕎麦屋の恋』姫野カオルコ、角川文庫

 突然、干刈あがたのことを思い出す。干刈の小説の主人公の女は、いずれも平凡である。彼女の忌日の名であるコスモスのような、地味で平凡でだけど強い人を描くことでは、彼女の右に出るものはいなかった。そこで、平凡のありようを考えてみると、平凡な結婚をして出産をして、場合によっては平凡な離婚を経験していたりする。1980年代なりの女性の平々凡々。
 2000年代の姫野も結局は、あきれるほどの平凡を抱えた女について書いているように思う。そこでは、恋愛至上主義も相対化されてしまって、ただTVを見ること、誰かとコタツに入って笑いあうことにエクスタシーを感じる30歳の女性がいる。人によっては、大変なキワモノを取り扱っているように思えるかもしれない。
 分かりやすいエキセントリックな人物を書いたほうが楽なのに、厳しいストライクゾーンのぎりぎりいっぱいを狙っているなあ。

スポンサーサイト
Posted at 23:30 | 角川文庫 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。