--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.11.23

『優しい人々』坂上弘、講談社文庫

 撞着語法(オクシモロン)という言葉を思い出した。その方面には、まったく明るくないのだが、修辞学で使う専門用語で「熱い氷」「輝く闇」といった言葉が一例になる。辻褄の合わなさを包含した人間像をイメージして、著者はこの書名を付けたのか。つまり見方によっては、優しい人が全然出てこない小説でもあるということだ。
 兄夫婦が交通事故に遭い、兄の介護に一族ごと巻き込まれる主人公の男性。幼少期以後の家族との行き違い、会社での瑣末な人間関係、愛人との密会の日々が、事故をきっかけに、手持ちのゲームカードをすべて開けたようにせまる。
 ストーリーは単純である。主人公の心理描写が延々と続いていくのだ。そういうタイプの作品なのだ。
スポンサーサイト
Posted at 13:44 | 講談社文庫 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。