--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.02.03

『戦略的思考の技術』梶井厚志、中公新書

 実用書の性格を持ったビジネス書であるが、この手の本には「これを恋愛に例えれば」といったような実例が頻出し、著者が読者に対して媚びを売る場面が見られる。こういうのを無味無臭の本として、上昇志向の強い大学生なんかが読んだりして、パワーポイントにレーザーポインタを当ててわあわあいう、下卑た人になってくんだろうな。
 悪口はともかく。「ゲーム理論を実践する」という副題のこの著作は、「ゲーム攻略の理論ではない」のだと著者はいう。コミットメント、ログ・イン、シグナリング、スクリーニング、モラル・ハザードといった用語をもって「現実問題がどのように理解できるか」が書かれている。
 モラル・ハザードについては道徳的危機と訳されるがそうではないということも書かれている。自分なりに捉えれば、仕組みの崩壊状態を含めた悪循環全般のこと、あたりに理解したほうがいいのかもしれない。
この記事へのトラックバックURL
http://watwatwat.blog34.fc2.com/tb.php/27-1ffdf4f7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。