--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.11.12

『新宗教』村上重良、岩波現代文庫

 解説担当の島薗進先生がキレまくり。27年前に出た概説書を文庫で再刊しなければならない業界の研究状況への不満も手伝ってか、徹底的に本書の限界について解説七ページ分で示している。新宗教を一覧した本書には、冷戦下のマルクス主義的前提が存在しており「なぜ、新宗教がこれほど人びとを魅了にしたのか」が見えにくいと断じる。確かにこういう本は、記述者の志向・立場の問題が難しいやな。
 霊友会と立正佼成会、創価学会あたりまでしかカバーされていないが、勢力が縮小している如来教から黒住教、天理教、金光教、大本教、ほんみちといった教団の沿革と教義が簡潔にまとめられた本書は入門書としては良いだろう、というか私は何に入門するのだろう。
 もちろん神道系・仏教系などの区別はあれど、教団の消長はラーメン屋の暖簾分けだったり、アパレル業界の兄弟喧嘩に似ている。分派・独立などを過去に経験し、とりあえず現在の勢力図で均衡がとれている状況、というのが大まかに分かる。
 著者はさらに、昭和初期の国家神道が強制される状況に対して、教団がどのように対抗したのか、という軸で教団を測る。たとえば、天皇制国家により宮殿がダイナマイトで破壊されるほどの抵抗を示した大本教の記述は厚く、戦時中に天皇制の傘下に入ってやり過ごした霊友会や生長の家については、思い入れがない書きぶり。
 教団運営のコツは、他宗派でノウハウを学ぶか実業界の方法を援用すること、教団指導者一名以外にカミサマが降りてこないよう注意すること、指導者が死んだ時の継承者を決めておくこと、といったところか。
 ネットで検索しながら読むと、二倍楽しめる。黒住教の「大教殿勤番」(どれだけ偉いのか分からない)が、30代のパパで阪神タイガースファンなのも分かる。分かってどうする。

この記事へのトラックバックURL
http://watwatwat.blog34.fc2.com/tb.php/51-daa7b09d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
  一般法則論のブログを読んでください。 一般法則論者
Posted by 一般法則論者 at 2009.11.12 13:03 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。