--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.01.04

さいきんのワット研究所

ここさいきんの備忘録として。

●映画
『ピリペンコさんの手作り潜水艦』ドイツ、2009年、監督:ヤン・ヒンリック・ドレーフス、レネー・ハルダー
ドキュメンタリー。ウクライナのピリペンコさんが、日本でいう「トランジスタ技術」みたいな雑誌を元に、まったく独学で潜水艦を完成し、黒海での初航海へと挑むまで。ガチャピン色の潜水艦のショボさに、ひたすらハラハラする。アウトサイダーアートという言い方があるけれど、この場合は何といえばいいのだろう。工作ということか。工作は偉大だ。
a001.jpg



『倫敦から来た男』ハンガリー/ドイツ/フランス、2007年、監督:タル・ベーラ
中年の鉄道員が港での殺人事件を目撃する、そして…というサスペンス。ストーリーよりも、硬質なモノクロの緊張感がたまらない。ホスピタリティ溢れない共産主義圏特有のハンガリーの街角の様子が、どこまでもダルな感じ。

●展覧会
『すべて動物は、世界の内にちょうど水の中に水があるように存在している』神奈川県立近代美術館
内藤礼の個展。彼女が好きな人は、どれだけ実物を見に行っているだろう。はじめての私は、とにかく拍子抜けして笑ってしまった。美術館の箱のサイズと、作品の規模のミスマッチ。上部から一本、紐が降りてきている。足元に「精霊」という作品プレートがある。内藤作品を知っているのに、どうしていつもと同じような作品の見方をしたのか反省し、笑い、もう一度作品を新たな目でたどり直す。全部の作品を見た、発見した。円形の作品「恩寵」の一部も展示室から持ち出して、青空に透かして極小のメッセージを繰り返し読んだ。

『木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン 東洋と西洋のまなざし』東京都写真美術館
おじさんがぴょんと跳ねている「サン=ラザール駅裏」の構図の秀逸さがどのように語られているか門外漢なので分からない。また、これが実はトリミングされた写真だったという事実がどれくらい衝撃なのかも分からない。要するに、あんまり考えずに二人の作品を同時に見ることを楽しみたかった。木村の感覚的な構図設定と対照的に、息を詰め決定的瞬間を待つ、アンリ・カルティエ=ブレッソンの周囲の緊張感を空想する。神経質な男だったんだろうな。

『医学と芸術』森美術館
マーク・クイン(Marc Quinn)の「キス」という彫刻がとても良かった。少年は手首から肘にかけてが欠け、左右とも腕がとても短い。少女の左腕は胴体に癒着している。その畸形の二人がキスをしている彫刻。ダ・ヴィンチ先生の昔より、人間の人体をより厳密に、一般化・標準化して捉える競争があった。その反動なのか最近は、どんな人間もが迎えるであろう老いという一点から、「一般化」の内実を豊かにしようという企みが作品化されることも多いようだ。でもさ、老いない人もいるかも知れないし、死なない人間もいるかもしれないじゃん。「フリークスは…ほかの大多数とは違うオリジナリティーを生まれつき持っている。非常に貴重だし美しいものだと思える」(人形作家・清水真理の発言、『yaso 夜想 #モンスター&フリークス』)。
a002.jpg







●本、それも文庫のみ
『戦後日本の大衆文化史』鶴見俊輔、岩波現代文庫
『丸山真男『日本の思想』精読』宮村治雄、岩波現代文庫
『だれのものでもない悲しみ』辻原登、中公文庫
『可能性としての「戦後」』桜井哲夫、平凡社ライブラリー
『光車よ、まわれ!』天沢退二郎、ピュアフル文庫
『東京番外地』森達也、新潮文庫
『肉体の悪魔』ラディゲ、光文社古典新訳文庫
『村のエトランジェ』小沼丹、講談社文芸文庫
『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』桜庭一樹、角川文庫

この記事へのトラックバックURL
http://watwatwat.blog34.fc2.com/tb.php/59-278b688d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。